お酒の悪酔いを防ぐには?

お酒の悪酔いを防ぐには?

宴会にはやはりお酒がつきものですが、お酒を飲みすぎると体に負担がかかってしまいますし、グデングデンになるまで飲んでしまっては、周りの人も迷惑します。

 

 

 

一番いいのは、お酒の飲む量を減らす方法ですが、付き合いのお酒というのは断りにくいものですよね。まして上司からすすめられたら断りきれなくてついつい飲んでしまうと思います。

 

 

 

そこで、少しでも悪酔いを防ぐための方法をお教えしたいと思います。まず、お腹が空っぽな状態ではぜったいにお酒をのまないようにしてください。空きっ腹にお酒はいちばんいけません。お腹が空いているようなときは、おつまみや前菜などを先につまむようにしましょう。

 

 

 

チーズなどの乳製品は胃の粘膜を守ってくれますし、豆腐などのタンパク質の多い料理もグッドです。

 

 

 

また、胃の中に何か入っているような状態であったとしても、お酒だけをずっと飲むのはやめましょう。アルコールの分解にはある程度時間がかかるものなので、何かを食べて様子をみながら、チビチビと飲むのがいいでしょう。

 

 

 

人に勧められても、一気飲みなどは絶対に避けなければなりません。急性アルコール中毒になる危険性があります。

 

そして、別の種類のお酒を一緒にしてチャンポンして飲んだり、アルコール度数の高いお酒をストレートで飲んだりするのも避けましょう。ストレートでは飲まず、必ず何かで割って飲むようにしてください。

 

焼酎でしたら、ウコン茶割りやグレープフルーツジュース割りなどで飲み、レモンやライム、梅干などをいれることをおすすめします。ウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、胆汁の分泌を促進して肝臓の解毒作用を高めてくれるそうです。また、梅干などに含まれるクエン酸も体にとってよいそうですのでぜひ取り入れてくださいね。

 

甘いカクテルなどは飲みやすくて、ついつい飲んでしまうものですが、悪酔いの原因となりやすいので何杯も飲むのは厳禁です。最後に、お酒を飲んだあとは、水分補給が大事です。アルコールの分解には水が使われますので、ミネラルウォータなどをたくさん飲むようにしましょう。

 

くれぐれも悪酔いは避けて、楽しい宴会や忘年会にしたいものですね。